久留米大学

久留米大学病院

報告者氏名:山本 都江

H30年度
国公私立大学病院副看護部長研修

入退院患者支援体制の再構築に向けた取り組み

[概要]
2018 年度の診療報酬改定で、入院前から退院を意識した支援の評価充実が図られ、外来からの入院
支援を重要視されている。当院では、医療連携センターの事務・看護師が中心となって、「入退院支援
センター」として一部の診療科で試行導入し、多職種で話し合いを重ねているものの、有効な運用が
できていなかった。今回、入院時支援の強化を目的に、多職種協働の拡充と組織体制の見直しを図り、
入退院患者支援体制を再構築し、医療の質の向上と患者満足度につなげたいと考えた。初診~入院ま
での医師業務と入退院支援センター業務の整理・標準化を図り、各専門職の強みを活かした患者状態
の向上を目指すためのしくみ作りを進めた。その結果医師の業務量減少が可視化でき、診療科拡大に
つながった。患者からは、外来診療やセンターの対応等について良好な意見が得られた。今後更に効
率的に診療・検査が行われ、患者サービスに寄与する仕組み作りが必要である。看護部管理室内では、
医療連携センターへ看護師長配置の検討を行うことの意志決定を図り、承認を得て病院規約が修正さ
れた。今回の診療報酬改定で入院時支援加算が新設されたことは、その内容から、看護師の役割が大
きく関与することを意味している。今後、看護師長の配置によって、看護管理者が入退院支援を更に
推進することができるため、共に診療プロセスの協働を支援していく必要がある。

PDFファイルを開く