• 研修リスト >
  • 東京歯科大学 一覧 >
  • 「働きやすい職場づくりのために看護師長が『プロフェッショナルマネジャーとして』 自己の課題をポジティブに認識できる多角的評価システム構築の取り組み」

東京歯科大学

東京歯科大学市川総合病院

報告者氏名:菅原聡美

H30年度
国公私立大学病院副看護部長研修

「働きやすい職場づくりのために看護師長が『プロフェッショナルマネジャーとして』 自己の課題をポジティブに認識できる多角的評価システム構築の取り組み」

[概要]
看護師長が部署のスタッフのモチベーションを向上させ、働きやすい職場をつくるための自身の課題
に気づきポジティブに取り組めるよう、看護師長の多角的評価(自己評価、上司評価、部下評価)シス
テムの構築に取り組んだ。実践計画の目標として、①看護師長が受け入れやすく、自身の課題に気づけ
るような「看護師長の多角的評価システム」案を完成させる、②評価結果を看護師長にポジティブにフ
ィードバックするための面接ガイドを作成する、を上げた。しかし、プロジェクトチームを立ち上げ草
案を作成する段階で、喫緊の別問題への対応に追われ中断を余儀なくされた。一方、他施設訪問により、
看護師長を育成するには単一の評価ツールではなく、段階を踏んで相応の能力を育成する「マネジメン
トラダー」を構築する必要性がある、という新たな考えに到達することができた。その結果、「マネジ
メント能力を主任看護師から継続して育成し続ける、多角的評価によるマネジメントラダーシステムを
構築する」に目標を変更し、次年度より取り組む予定である。

PDFファイルを開く