• 研修リスト >
  • 秋田大学 一覧 >
  • 看護師一人一人が目指す看護師像に向けて取り組むための看護管理者としての役割発揮の強化 ―能力開発システムの再構築を通して―

秋田大学

秋田大学医学部附属病院

報告者氏名:石川ひとみ

H30年度
国公私立大学病院副看護部長研修

看護師一人一人が目指す看護師像に向けて取り組むための看護管理者としての役割発揮の強化 ―能力開発システムの再構築を通して―

[概要]
当院の人材育成は平成 18 年より能力開発システム「キャリアアップシステム」として運用してい
た。しかし、評価自体が曖昧なことや多様な看護実践には対応が難しい状況であった。キャリアアッ
プシステムの改定に伴い、看護師長や副看護師長へのシステムの周知とその運用にとどまらず、人材
育成の観点で看護管理能力を強化するため、副看護部長として活動を行った。看護師長ワーキンググ
ループでは評価指標を検討した。副看護師長研修ではキャリアアップシステムや人材育成について話
し合い、それと共に部署内で看護師長から指導支援を行った。副看護師長は現場での業務中心の支援
や指導は行っていたが、キャリアアップシステムに管理者としての参加には後ろ向きで消極的であっ
た。看護師長グループワーク活動を通じ、評価指標や評価媒体等を決め、システムの再構築を行った。
試行するにあたり、看護師長は何度も副看護師長と人材育成や部署としての看護について語り合った。
それにより、副看護師長も看護師の面接や評価を行うことができた。看護やあるべき姿を共通認識で
きたことで、副看護師長が人材育成に対し、前向きな意見が出るようになり、また評価を共に行うと
いう行動へと変化することができたと考える。看護管理者として、看護への思いや部署での現状、あ
るべき看護師像を共に語り合い、共通認識していくことの重要性を感じた。今後も看護管理者として、
看護の質向上に努めていきたい。

PDFファイルを開く