広島大学

広島大学病院

報告者氏名:杉村美由紀

H19年度
国公私立大学病院副看護部長研修

マネジメントツールとしての看護必要度の活用 -配置管理への活用を実践して-

[概要]
 看護師の配置は、在院日数や院内感染、褥瘡発生率、看護師の離職率、安全管理体制などとの関連性が指摘されているように、看護管理において重要な意味を持つ。私は、業務担当の副看護部長として、患者へ提供する看護の質を保証するとともに看護師にとっても働きやすい職場環境を整えたいと考えている。そのため、科学的根拠のある配置管理を行うためのデータ整備は重要な任務と考えている。
 当院では、平成18年度の診療報酬改定を契機に看護必要度を導入している。看護必要度は、「患者の看護の必要量に応じて、適正な人員を配置するためのマネジメントツール」として開発されたものであるが、配置管理に充分に活用できていなかった。そこで、配置管理をはじめとした看護管理に看護必要度を活用することを目的とした取り組みについて報告する。

PDFファイルを開く