日本医科大学

日本医科大学千葉北総病院

報告者氏名:若澤 定子

H27年度
国公私立大学病院副看護部長研修

看護補助者が安全に業務を行える職場環境づくり

[概要]
日本医科大学千葉北総病院の退職率は、平成24年度12.6%、平成25年度13.7%である。退職理由は結婚や子育てや帰省などの他に、看護業務の多忙に伴い肉体的・精神的疲労を理由とする退職者も多い。
看護師業務の負担軽減を図る目的で、平成26年度から看護補助者夜間配置を導入した。夜間看護補助者配置を実施するにあたり、平成26年度18名の看護補助者を採用したが、採用者は、看護補助者経験がある人や、看護補助者業務は未経験など、背景はさまざまであった。教育病棟で一ヶ月間看護補助者業務を学び、その後配置病棟での現場教育に委ねている現状があり、看護補助者の業務の到達度が不明確であった。また、日本看護協会の看護補助者の業務範囲や業務内容をもとに、北総病院の看護補助者の業務範囲や業務内容について病棟責任者で検討し、業務範囲や内容を取り決め明示した。しかし、病棟間や看護補助者も業務範囲や内容にばらつきがあり、看護補助者の中にどこまで看護補助者が行っていいのかと戸惑いや疑問が生じてきている。

PDFファイルを開く