北海道大学

北海道大学病院

報告者氏名:秋田谷 明弘

H23年度
看護学教育指導者研修 平成23年度のみ

看護教員とスタッフナースとの臨地実習指導における協働体制の構築に向けて

[概要]
看護教育において、臨床実習1)、2)は学生が学内で学んだ知識と技術について看護実践を通して学び、看護者としての基本的能力を習得する学びの多い場である。しかし、臨地実習指導において臨床指導者は困難感を抱く場面があり、阿部3)の報告では、臨床指導者の役割負担の有無と講習会受講状況の有無で、相関関係は認めなかったと報告がなされている。またこの困難感は、臨地実習指導者以外の看護師(以下スタッフナースとする)、特に実習担当者が学生の指導に関わる場合には、更に強くなる可能性がある。
自部署においては学生指導担当委員会を構成し、兼任制で臨地実習指導にあたっている。しかし勤務状況や受け入れる学生の人数により、委員会所属以外のスタッフナースが、臨地実習指導を担当し臨地実習指導に困難感を抱いている可能性がある。そこで、スタッフナース全員が看護教員と情報交換や役割分担を行うことが、指導への困難感を解消し、学生の学習目標達成に向けた臨地実習指導につながると考えた。そのため、今回スタッフナースの臨地実習指導に対する意識調査を実施し、臨地実習に関わるスタッフ全員と看護教員との協働体制の構築につなげていく事を目的とした計画を立案、実践した結果を報告する。

PDFファイルを開く