北里大学

北里大学病院

報告者氏名:鈴木美枝子

H20年度
国公私立大学病院副看護部長研修

新病院建設に向けて救命救急センター看護師の定着率を高める

[概要]
当院の救命救急センター(以下センター)は、キャリアのある看護師の比率が低く、卒後2年目までの看護師で3割を占めている。以前よりスタッフからは、「先輩が怖い・話を聞いてくれない・師長への不満がある・心身共に疲れても休みがとれない」といった声があり退職者が多い。そのため 新人も多く入職し、職場全体にゆとりがない状態が続いている。平成25年には新病院を建設予定であり、センターの病床数を拡大する計画がある。このままでは、若年層スタッフで構成されることにより安全管理上危険であり、また人材育成が進まずセンター拡大ができない。そこで、センター看護師の定着率を高めるための改革に取り組んだ。

PDFファイルを開く