日本医科大学

日本医科大学付属病院

報告者氏名:鈴木 由美

H29年度
国公私立大学病院副看護部長研修

看護理念を堅持しながら組織変革ができる看護管理者の育成

[概要]
看護理念を堅持しながら時代の要請に即応した組織変革をしていくためには、各部署を管理する看護師長が要である。看護師長のマネジメント能力向上と教育体制の基盤をつくることを目的として、本実践に取り組んだ。実践内容は、当院看護師長の看護管理行動の可視化、看護マネジメント能力の学習会の実施、看護管理者の教育体制の整備などである。その結果、当院の看護管理者の管理行動とその価値が明確になり、看護理念を支える管理行動を管理者間で共通認識することができた。師長それぞれが看護管理者として必要なマネジメント能力について意識化し、より大きな成果に繋がるための行動が理解できた。また、マネジメントに関する学習や自己の管理行動についてリフレクションする必要性を確認することができた。これらの取り組みを先行し、外部研修等の受講体制を整備したことで、看護管理に関する学会や研修への受講希望者が急増した。今後は、本取り組みを基盤としてOJTの中で系統的に看護管理者を育成する仕組みを構築し、明文化していきたい。

PDFファイルを開く